てとてとて


***育児、暮らしのこと***
by じぇに
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

一瞬のこと

a0182408_19495251.jpg



うさぎさん、こんにちは♪


今日は寒い~と、天気予報で言ってたのに
暑いぐらいの良い天気でした。

ちょっと肌寒い時もあったりして
秋だなぁって感じるような陽気。

過ごしやすいですね。


今週末に義弟の結婚式があるのですが
今月はたた**の運動会から始まって
毎週大きな予定があり大忙しです。

義弟の結婚式が終われば
(ん?終わればって縁起悪い言い方なのかもーー;)
気分的にも余裕ができるかな。

最近皆さんのブログにも全然コメントできていませんが
それまで
どうぞ許してくださいね。


そんななか
今日はのの**と電車に乗ってお出かけ♪

遊びに行ったというよりは
やっぱり
義弟の結婚式で必要なものを買いに行ったんですけどね^^;
ホントに用意がギリギリな我が家デス。

ちょっと長いので・・・
興味がある方だけ読んでください。・・・・・たたみます。





買い物もなんとか終了したころ
のの**がベビーカーに乗っていることに飽きてしまって・・・。
仕方がないので降ろして
ベビーカーの押し手の横を持たせて歩かせていたんですね。

我が家ではお出掛けの時のルールがあります。
大人と手を繋げない場合は
必ずベビーカーを持つこと。

たた**が必ずそうやるので
のの**もちゃんと持っていたのですが
私が買い物に一瞬、気を取られた時のことです。

ベビーカーをお店の脇に置かせていただいて
のの**と一緒にお店のものを見ていた時

ののと一緒に見ていた・・・・・つもりだったんです。

一瞬の隙にいなくなってしまったのです。

結果としては
のの**はいなくなったのではなく
ベビーカーのところに戻っていただけだったのですが
いるはずのところにのの**の姿が見えなくなり
私はパニックになりました。

一瞬の間に色んなことが頭のなかでグルグルと回り
本当に生きた心地がしなかったです。

10秒にも満たない時間だったと思いますが
本当に泣きそうになりました。

すぐに見つかったこともあり
その場では
「もう!!のの**ったら!」
と、言って終わったのですが

家に帰ってきて落ち着いて・・・・。


迷子になったとか

もしかしたら、連れ去られたとか・・・・・

そういうことじゃなくて
本当によかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!

と。

でも胸の奥がざわざわ。

のの**を抱きしめて
ごめんね・・・・と、言ってばかりです。


これって本当に一瞬の出来事なんです。

でも子供のことって
自分以外に責任は取れない。

こういう出来事って絶対にあってはいけないことだなって
猛烈に反省しています。

ほんの一瞬で、もしかしたら
一生取り返しのつかないことになってしまうかもしれない。

そうならないように
子供からは絶対に目を離してはいけないんですよね。

反省って言葉で済まされることじゃないなって。

本当に気をつけなくてはいけませんね。

言い訳ですが
たた**は本当に聞き分けの良い子で
説明をすればきちんとわかってくれる子です。

それは本当に小さな頃からで・・・・
だからお出掛けするのにも
なんの迷いもなく
どこへでも連れて行けるたた**

のの**はびっくりするほど
好奇心旺盛な子で
気になるものにはなんにでも手を伸ばすし
やりたい!って思いが強くて
お出掛けするのにも本当に大変!

実際
お出掛け以外にも
最近はのの**に手を焼くことが本当に多く
たた**はこういうことしなかったよな~なんて
ことが多くて・・・・・(>_<)
それを分かっていたのに・・・。

今日はたた**がいないので
のの**だけに集中できるし大丈夫!って思っていたのですが
一瞬の油断で起きてしまった出来事。

もう二度とこういうことがないように。
この一瞬に後悔することがないように。

これから気をつけます。

買い物の途中。

お店の商品にも手が伸びるのの**。

お店の方は「大丈夫ですよ~。」
って優しくおっしゃってくださったけど
大丈夫なわけないんですよね。

子供のものを扱っているお店なら
百歩譲って許されたとしても
万が一壊してしまったり汚してしまったりしたら
本当に大変。

子供だからいいとか、
そういう時期だよね、とか。

最近そういうことになんだか慣れっこになっていた自分がいます。

すごい良くないことだなって。

自分が気をつけられること、しっかりやっていかなくちゃ。

幼稚園の先生から言われた話で
たた**が幼稚園に入る前の説明会の出来事なのですが
説明会が始まる前だったこともあり
おしゃべりするママと走り回る子供たちで大騒ぎの会場。

先生が入ってきて、まず言った言葉が

「今、おしゃべりしているお母さんのお子さんは席に座らないで走り回っていますね。
おしゃべりしていないお母さんのお子さんはしっかり座っていますよ。
お母さんがおしゃべりしていれば、自分も騒いでよいって子供は思うんですよ。」

と。

すごい優しい口調で先生がそうおっしゃったのですが
場内が一瞬で静かになり
それによって、子供たちがお母さんの膝に座ったのには
子供って本当に親を見ているんだなって思いました。

この時のたた**や友達の子はママの膝の上にきちんと座って
大騒ぎしている子供たちをただ見つめていていました。

って・・・ちょっと話がズレてしまいましたが^^;
のの**はまだ私の言うことよりも
自分のやりたいことが優先だろうし、難しいと思うけれど
言い聞かせていくことと、
自分の姿をちゃんと見せる時期にきているなって感じました。

だって、この先生の話。
たた**が3歳になる前のこと。
のの**にとって
あと半年後ぐらいのことなんです。

最近色んなことがなぁなぁになっていて
仕方がないって思い込んでいることが多いけど
子育てから逃げずに・・・・
のの**とちゃんと向き合っていこうと。

今日は反省の一日でした。

すぐに引きずってしまうので・・・・・
悶々と考えてしまう私。
それも直していかないとね。
[PR]
by lespedeza720 | 2011-10-26 21:25 | のの**
カテゴリ
最新の記事
充電
at 2012-06-26 23:55
にわのわ へ
at 2012-06-23 23:50
トイレトレーニング
at 2012-06-21 23:40
こころをつなぐ
at 2012-06-20 20:58
Le Soleilさんの多肉..
at 2012-06-19 14:34
以前の記事
リンク
Twitter
その他のジャンル
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧